梅を求めて小石川植物園

和装ジュエリー着物エージェント

私の好きな花、第一位の梅。

子供のころから、一番好きな花だったのですが、

「変わった子だねー」

と、よく言われました。

桜ももちろん素晴らしいけど、

梅の控え目な感じが、なんだか落ち着くのです。

スポンサーリンク
big

小石川植物園

先日、東京都文京区にある、小石川植物園に行って参りました。

小石川植物園の正式名称は 東京大学大学院理学系研究科附属植物園です。

東京大学の研究施設なんですね。

元々は、江戸幕府によって開園された小石川御薬園(こいしかわおやくえん)という薬草を育てるための施設でした。

8代徳川吉宗の時代、江戸町奉行の大岡忠相に命じて薬園内に診療所を設けます。

これが小石川養生所です。

山本周五郎の連作短編小説『赤ひげ診療譚』や、この作品を映画化した黒澤明監督作品の『赤ひげ』は、この養生所を舞台とした医師の物語です。

私のなかでは、ドラマ『大岡越前』の大岡忠相役の加藤剛さんと、小石川養生所の医師役の竹脇無我さんのイメージです。

夕方の再放送を欠かさず見ていました。

その後、明治期に入り、東京大学が1877年に開設されると、理学部の附属施設となり、一般に公開されるようになりました。

入口

植物園本館。一般人は立ち入り禁止です。趣のある建物です。

明治9年(西暦1876)に建築された池の奥の建物は、旧東京医学校の本館で、東京大学に関係する建造物では現存する最古のものです。国の重要文化財に指定されています。

梅林がキレイでした。

梅に鶯の帯留めをつけてみました。

梅の地紋が入った、色無地です。

梅に鶯の帯留め(白梅)

紅梅と白梅がありますが、

着物がピンクなので、今回は白梅にしました。

梅に鶯の白梅バージョン!

梅が咲くと、もう春はそこまで来ているような気がします。

冬もいいけど、そろそろ春が待ち遠しいです。

インスタグラム

☆☆☆☆☆
和装ジュエリーがインスタグラムを始めました。
気に入っていただいたら是非フォローをお願いします。
https://www.instagram.com/wasojewelry
☆☆☆☆☆

ブログ村 着物
ブログランキング ヨイネ!
もしよければfacebookへのいいね!を押してください。
スポンサーリンク
big
big
ページへのいいね
このブログを気に入っていただけましたら下にあるシェアボタンを押して
facebook・twitter・はてなブックマークで応援をお願いします。
大変励みになります。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です