着物で大江戸散策③神田

和装ジュエリー着物エージェント

着物で大江戸散策パート3です。

今日は神田をご案内したいと思います。

「宵越しの銭は持たない」

「火事と喧嘩は江戸の華」

江戸っ子のイメージってこんなんですよね(笑)。

そんな江戸っ子のなかの江戸っ子が、

住んでいたといわれるのが神田です。

広沢虎造の浪曲「石松三十石船」のセリフにもある、

「江戸っ子だってね」「神田の生まれよ」

のやり取りにみられるように、

江戸時代は神田はブランドだったんですね。

神田は徳川家康が江戸に入植した際に、

丸の内から日比谷にかけてあった、

日比谷入江を埋め立てる為、

(現在の日比谷公園や新橋周辺)

神田山を切り崩したことから始まります。

以前ブログに書いた銀座も、

この一大プロジェクトにより、

埋め立てられて今の形になりました。

詳しくは下記のリンクをご参照ください。

「着物で大江戸散策②銀座」

切り崩された神田山は、

現在の駿河台あたりでした。

駿河台という地名は、

徳川家康の家来の駿河出身者が、

屋敷を多く構えたことから名付けられました。

駿河台から小川町あたりまでの神田は、

武家地が母体になっていて、

一方内神田あたりのは町人街があり、

神田は武家が住む武家地と、

町人街で大きく2つに分かれていました。

スポンサーリンク
big

神田の名所

神田明神は日本三大祭りの一つである、

神田祭を取り仕切る神社です。

神田祭については以前書いた、

7月の着物が似合う和のイベント②

も見てみてください。

神田明神は江戸城の表鬼門守護の場所である、

現在の場所に遷座し、

「江戸総鎮主」として、

幕府や庶民の崇敬を集めてきました。

明治維新になり神田神社に、

正式名称を変えましたが、

神田明神の方が相応しい気がします。

c4eebc451271c40ade3afe8c793a30cf_s

神保町の世界最大の古書店街は、

明治維新になり多くの学校

(大学南校(現東京大学)や華族学院(現学習院) )が、

駿河台周辺の武家屋敷跡地などに集まり、

それに伴って形成されました。

12ac32a54620cc81db22f9744a647840_s

ギリシャ正教の聖堂のニコライ堂は、

国の重要文化財にも指定されていて、

日本最大の正教会の聖堂です。

写真 2016-07-18 21 00 03

湯島聖堂は5代将軍徳川綱吉が建てたものです。

湯島天満宮とともに年中を通して、

合格祈願の為の参拝が絶えません。

写真 2016-07-18 21 00 11

現代の神田

明治維新後の明治11年に神田地域は、

神田区と呼ばれるようになりましたが

1947年に麹町区と合併し千代田区となりました。

現在神田○○町と呼ばれる地域が多いのは、

合併する際に神田の地名を惜しむ人が多かったため、

行政側がその声に応えたものです。

駿河台周辺は東大や学習院は、

別の場所に移動しましたが、

現在も明治大学や日本大学があります。

内神田周辺はオフィス街になっていて、

ビジネスマンの街になっています。

インスタグラム

☆☆☆☆☆
和装ジュエリーがインスタグラムを始めました。
気に入っていただいたら是非フォローをお願いします。
https://www.instagram.com/wasojewelry
☆☆☆☆☆

ブログ村 着物
ブログランキング ヨイネ!
もしよければfacebookへのいいね!を押してください。
スポンサーリンク
big
big
ページへのいいね
このブログを気に入っていただけましたら下にあるシェアボタンを押して
facebook・twitter・はてなブックマークで応援をお願いします。
大変励みになります。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です