7月の着物が似合う和のイベント②

和装ジュエリー着物エージェント

夏の着物が似合う和のイベント2回目は、

東京のお祭りを取り上げます。

夏のお祭りには着物より浴衣が似合いますが、

別に着物を着て行ってはいけないわけではありません。

でもなんといっても着物は暑いですよね。

浴衣は1枚羽織って終わりですが、

着物であれば長襦袢に足袋も加わります。

裸足でいいのは浴衣の特権です。

浴衣のルールについては、

以前の記事「浴衣のルールについて考える」

にも書いたのですが補足すると、

浴衣が足袋をはかないで良い理由は、

もともと浴衣は湯上り着や寝巻の為に生まれたからです。

それゆえに浴衣を着て公衆の面前に出ることは、

恥ずかしいこととされていました。

それが江戸時代に入り夏祭りや花火鑑賞など、

身近で気取らない場所であれば可、

という風潮になりました。

しかし現代の日本でも浴衣は略装なので、

フォーマルな場所や、

午前中の着用はマナー違反とされいますので注意が必要ですが・・・

スポンサーリンク
big

日本三大祭と東京三大祭

日本人は(世界の人がどうなのかはわかりませんが(笑))、

とにかく日本三大なんチャラが大好きです。

どこの誰が名付けの親かはわかりませんが、

日本三大祭は、

神田祭(東京)・祇園祭(京都)・天神祭(大阪)です。

東京の三大祭りは、

神田祭・山王祭・三社祭です。

でも残念ながら神田祭・三社祭は5月

山王祭は6月に終わってしまいました。

なので7月のお祭りは三大シリーズから選ぶなら、

祇園祭(7/1~31な、ながい)か天神祭(7/24~25)もいいですね。

東京でやっているお祭りで、

東京三大祭り以外で有名なのは、

靖国神社のみたままつり(7/13~16)です。

靖国神社が1947年から、

英霊を慰めるために始まりました。

毎年30万人の参拝者が訪れるそうです。

参道が大小3万を超える提灯や、

懸雪洞(かけぼんぼり)の光に包まれて、

「光の祭典」とも呼ばれています。

まつりの語源

日本のまつりという言葉は、

「祀る」の名詞形です。

もともとは神様を祀ることを指していました。

現在でも地鎮祭などの祭がそれに当たります。

また日本は古代には祭祀をする人と、

政治をする人が一致した体制でしたので、

政治のことを政(まつりごと)とも呼びます。

「祭」は漢字の本来の意味では葬儀のことを指します。

ですので日本と中国では祭りは、

正反対の意味ととらえられています。

しかし「祭り」は命・魂・霊・御霊を慰めるものですので、

本質的な部分では同じ意味なんですね。

インスタグラム

☆☆☆☆☆
和装ジュエリーがインスタグラムを始めました。
気に入っていただいたら是非フォローをお願いします。
https://www.instagram.com/wasojewelry
☆☆☆☆☆

ブログ村 着物
ブログランキング ヨイネ!
もしよければfacebookへのいいね!を押してください。
スポンサーリンク
big
big
ページへのいいね
このブログを気に入っていただけましたら下にあるシェアボタンを押して
facebook・twitter・はてなブックマークで応援をお願いします。
大変励みになります。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です