七夕とスイカ

和装ジュエリー着物エージェント

7月7日は七夕です。

七夕。。。大人になってからはあまり意識しなくなりました。

クリスマスやバレンタインは盛大にやりますが、七夕は??

影が薄いのは、お中元商戦と日程が重なってしまうからなのでは?

と、ついついお金の流れを追ってしまう、大人になってしまいました。

子供の頃は一つのイベントとして楽しみにしていました。

短冊に願い事を書いたり

そうめんを食べたり。

給食には、星型のデザートが出てきたような☆

スポンサーリンク
big

七夕の物語

織姫と彦星の物語、覚えていますか。

昔むかし、天の川のそばには天の神様が住んでいました。

天の神様には、一人の娘がいました。名前を織姫と言いました。

織姫は機を織って、神様たちの着物を作る仕事をしていました。

織姫がやがて年頃になり、天の神様は娘に、御婿さんをむかえてやろうと思いました。

色々探して見つけたのが、天の川の岸で天の牛を飼っている、彦星という若者です。

彦星は、とても立派な若者でした。

二人は相手を一目見ただけで、好きになりました。

二人は結婚して、楽しい生活を送るようになりました。

でも、仲が良過ぎるのも困りもので、二人は仕事を忘れて、遊んでばかりいるようになったのです。

488116

すると、天の神様のもとへ、皆が文句を言いに来るようになりました。

「織姫が機織りをしないので、皆の着物が古くてボロボロです。早く新しい着物を作って下さい」

「彦星が世話をしないので、牛たちが病気になってしまいます」

神様は、すっかり怒ってしまい

「二人は天の川の、東と西に別れて暮らすがよい」

と、言って、織姫と彦星を、別れ別れにしたのです。

でも天の神様は、織姫があまりにも悲しそうにしているのを見て、こう言いました。

「一年に一度だけ、七月七日の夜だけ、彦星と会ってもよろしい」

それから、一年に一度会える日だけを楽しみにして、織姫は毎日、一生懸命に機を織りました。

天の川の向こうの彦星も、天の牛を飼う仕事に精を出しました。

そして、待ちに待った七月七日の夜、織姫は天の川を渡って、彦星の所へ会いに行くのです。

4216080b5bb4714d1224e352457544e1_s

子供の頃はロマンチックな話だと思っていましたが、

仲が良すぎて仕事をしなくなったのが別離の原因だと思うと

なんだか複雑な気分です笑。

各地方で、七夕の風習が違うようですが

福岡県の筑後地方では、7月7日に初めて7歳になる1年生に

「初七夕」のお祝いとして、スイカを送るそうです。

通常より大きな「七夕スイカ」という種類のスイカだそうです。

夏はスイカが美味しいですよね。

短冊に願い事を書いてみようかと思います。

resized_03

スイカの帯留めはじめました→http://wasojewelry.theshop.jp/items/3570453

インスタグラム

☆☆☆☆☆
和装ジュエリーがインスタグラムを始めました。
気に入っていただいたら是非フォローをお願いします。
https://www.instagram.com/wasojewelry
☆☆☆☆☆

ブログ村 着物
ブログランキング ヨイネ!
もしよければfacebookへのいいね!を押してください。
スポンサーリンク
big
big
ページへのいいね
このブログを気に入っていただけましたら下にあるシェアボタンを押して
facebook・twitter・はてなブックマークで応援をお願いします。
大変励みになります。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です