浅草紹介 @浅草寺 金龍の舞

和装ジュエリー着物エージェント

今日は浅草寺にて、金龍の舞(きんりゅうのまい)が奉納されました。

以前ご紹介した、白鷺の舞とあわせてご覧ください。

 浅草紹介 @浅草寺 白鷺の舞http://kimono-agent.site/2015/11/03/post-246/

今日の仲見世の様子

image-18-03-16-03-36-7

白鷺の舞をご紹介した時は秋だったので、紅葉の飾りでしたが、

今回はサクラです。

ソメイヨシノよりもはっきりしたピンクの造花です。

相変わらず、人が多いですね。

スポンサーリンク
big

金龍の舞(きんりゅうのまい)

まずは概要から。

金龍の舞(きんりゅうのまい)
3月18日示現会・10月18日菊供養会 奉演
 昭和33年(1958)、本堂再建を記念して創始奉納されたのが「金龍の舞」です。

浅草寺の山号「金龍山」から名をとったこの舞は、『浅草寺縁起』に、観音示現の時「寺辺に天空から金龍が舞い降り、一夜にして千株の松林ができた(現世利益ともなる五穀豊穣の象徴)」とあることから創作されたものです。
  松林に見立てた浅草寺幼稚園園児による松慈童(まつじどう)と、観音さまを象徴する「蓮華珠(れんげしゅ)」が1名、これを守護する「金龍」(長さ約18メートル、重さ約88キロ)を8名が操作し、浅草組合花組のお囃子の中、勇壮華麗な舞が行われます。

(浅草寺ホームページより引用)

http://www.senso-ji.jp/annual_event/jimai.html

11時、14時、15時に舞が披露されました。

私は14時に見学しました。

舞の様子

人の合間を縫って登場

image-18-03-16-03-36-4

image-18-03-16-03-36-2

金龍を追ってお囃子を披露する山車

image-18-03-16-03-36-5

広場で舞を披露

image-18-03-16-03-36

image-18-03-16-03-36-6

さすがに重そうです。

88kgで、8人が操作するということは、一人当たり11kg。

かなり活発に動いていたので、熟練の操作手でも大変です。

浅草寺幼稚園園児による松慈童(まつじどう)が

本堂にご挨拶。

image-18-03-16-03-36-3

ぺこり。

白鷺の舞のときにも、園児が活躍していましたが、

やはり子供が一生懸命何かをやっている姿はカワイイです。

(特にたくさんいると^^)

続いて金龍さん。

image-18-03-16-03-36-9

シャー!

追いかける音楽隊。

image-18-03-16-03-36-1

見物客が多く、山車が通れないために、少し物々しい雰囲気でした。

「ドケコノヤロー!」

というような罵声が飛び交っていました。。。

神事なので、キチンとやりたい組合側と、

せっかく来たので写真を撮りたい観光客。

あくまでも見学なので、道を塞いだらダメなのですが、

外国人観光客だったので、伝わっていない可能性もあります。

山車の車輪に巻き込まれないよう、ロープなどを張った方がいいのかもしれませんね。

途中から雲が出てしまって、写真が暗くなってしまったのが残念でしたが

すごく迫力のある奉演でした!

インスタグラム

☆☆☆☆☆
和装ジュエリーがインスタグラムを始めました。
気に入っていただいたら是非フォローをお願いします。
https://www.instagram.com/wasojewelry
☆☆☆☆☆

ブログ村 着物
ブログランキング ヨイネ!
もしよければfacebookへのいいね!を押してください。
スポンサーリンク
big
big
ページへのいいね
このブログを気に入っていただけましたら下にあるシェアボタンを押して
facebook・twitter・はてなブックマークで応援をお願いします。
大変励みになります。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です