着物は生き残れるのか

和装ジュエリー着物エージェント

世界には様々な民族衣装がありますが、そのほとんどは、踊りのための衣装なのだそうです。

言われてみると、飾りがついていたり、目を引くような派手な色使いが多いように思います。

日本の民族衣装である着物は、普段着として着用できるものから、結婚式などのパーティーまで、幅広く着用することができます。

日本の風土にマッチするような、自然な色使いのものが多く、街で着てもさほど浮きません。

もっと着物人口が増えてもいいと思うのですが。。

スポンサーリンク
big

着物は生き残れるのか

生活様式が西欧化したため、洋服の方が暮らしやすくなりました。

洋服と比べて、着付けが面倒で動きにくいため、

通勤・通学・家事・育児などに追われる現代女性には着物は縁遠いものになりました。

洋服と比べて、価格の高いものが多く

金銭的に余裕のある人にしか、購入できなくなりました。

着物を着る人と購入できる人が少なくなったので、

着物が売れずに、染織技術を持った職人さんが少なくなりました。

希少価値により、また着物が高くなり、、

着物にかかる費用も、かなりかさみます。

・着物を着るための着付け教室教育費(着付け代)

・高い着物購入費

・クリーニングなどのメンテナンス費

などなど。

共働きの世帯が5割を超えた現代で、果たして着物文化は生き残っていけるのでしょうか。

70ae0704ca24fbf0d4354cdfb7fa60b7_s

着物のルールも奥が深く、

着物の素材、柄、色のことから、おはしょりの出し方、格や季節感まで、

少しでも着物を学ぶと、正誤が気になって仕方なくなります。

ルールがあるからこそ、着物は面白いですし、草木の季節を調べるのは楽しいのですが

人それぞれのルールで、それぞれ着物を楽しめたらいいなと思います。

インスタグラム

☆☆☆☆☆
和装ジュエリーがインスタグラムを始めました。
気に入っていただいたら是非フォローをお願いします。
https://www.instagram.com/wasojewelry
☆☆☆☆☆

ブログ村 着物
ブログランキング ヨイネ!
もしよければfacebookへのいいね!を押してください。
スポンサーリンク
big
big
ページへのいいね
このブログを気に入っていただけましたら下にあるシェアボタンを押して
facebook・twitter・はてなブックマークで応援をお願いします。
大変励みになります。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です