着物コンテスト こんなはずではなかった

和装ジュエリー着物エージェント


エントリーした着物コンテストの一次予選がありました。

想像していたよりも本格的なもので、

人生初の、緊張で声が出ないというハプニングに見舞われました。。

スポンサーリンク
big

会場

予選会場には、振袖姿の若くて美しいお嬢様がたくさんいました。

髪型もメイクもバッチリです。

今回のコンテストは、大手プロダクションとも提携しているようです。

モデルや女優などの芸能人関係を目指している方が、登竜門としてコンテストに臨むらしいのです。

なるほど、確かに美人さんが多いわけです。

(お顔立ちは関係ないというのは何だったんだろう。。前回の記事→http://kimono-agent.site/2016/01/31/post-760/

大学のミスコン出場者や、〇〇の親善大使経験者など、素敵な若者達にうっかり混ざってしまう痛恨のミス。。

振袖 手を広げる

エントリーナンバーが書かれた札を持って審査員の座る場所まで歩き、番号と名前を名乗ってから着物への想いをアピールします。

その発表の様子は、審査待ちの私たちもズラリと座って見守ります。

いざ審査が始まると、厳しい雰囲気に。

着物の柄の意味や素材などの質問に答えられないと

「勉強不足ね。」で一蹴されます。

質問の内容は人それぞれですが、芸能界を目指して予選会に参加した人には、少々難しい質問かなと思いました。

どうしよう。

ふざけた気持ちで来てしまった。。

もともと、審査結果にこだわりがなかったので、リラックスして他のエントリーした方の面接を聴いていたのですが、

徐々に(怒られたくない)(私は場違いである)という縮こまった気持ちになってきました。

完全に場の空気の飲み込まれています。

喉もカラカラに。

的外れな回答

順番が近づいて来たので、立ち上がるとクラクラすることに気が付きました。

そういえば、朝起きてから何も食べてなかったな。

(14:30を過ぎていました。)

低血糖で手が震えているのか、緊張しているのかよくわからなくなっています。

体質ですが、手汗もびっしょり。

いざ私の順番になってエントリーナンバーと名前を名乗った時、通常の3分の1くらいのボリュームしか出ていませんでした。

アレ?

女優を目指しているわけでもない私が、何をそんなに緊張しているんだ笑

というもう一人の自分の笑い声が聞こえます。

でも、震えが止まらない。。

「き、着物離れが進んでいるので、き、着物を着る機会と場所を提供したくて、き、着物の会社を立ち上げましたっ。」

絞り出すように、何度も息継ぎをして発言すると、審査員の先生から質問が。

「会社を立ち上げて、どう思いましたか?」

「・・・・・・。」

私は会社を立ち上げてどう思ったのでしょうか。

どう?

答えの方向性を見失ったまま、何か言わなけれならないと思い、的外れな発言をして持ち時間を使い果たし、先生に首を傾げられたまま、私のアピールは終了しました。

審査結果は後日連絡があるそうです。

連絡、ないかもしれません笑

インスタグラム

☆☆☆☆☆
和装ジュエリーがインスタグラムを始めました。
気に入っていただいたら是非フォローをお願いします。
https://www.instagram.com/wasojewelry
☆☆☆☆☆

ブログ村 着物
ブログランキング ヨイネ!
もしよければfacebookへのいいね!を押してください。
スポンサーリンク
big
big
ページへのいいね
このブログを気に入っていただけましたら下にあるシェアボタンを押して
facebook・twitter・はてなブックマークで応援をお願いします。
大変励みになります。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です