猫の散歩 猫にリードをつけてみる

和装ジュエリー着物エージェント

我が家にはオスの猫(3歳くらい)がいます。

もとはノラ猫です。

生後半年~1年の時に、駅の改札で出会いました。

すでに猫ヘルペスというウィルスに感染していて、少しでも冷やすと風邪をひく繊細な猫です。

性格はおっとりしていて、鈍感というか。

人見知りしません。

完全室内飼いですが、ときどき脱走します。

以前、来客のためドアを開けたところ、逃げられてしまいました。

追いかけてみると、外から若い女性の声が。

「カワイイー」

「人見知りしないねー」

可愛いギャル2人に撫でられて、嬉しそうにお腹を出していました。。

スポンサーリンク
big

猫にリード

外の世界に興味があるようですが、病気やケガが心配で、放し飼いにはできません。

他人様のお庭に粗相してしまったら、ご近所の迷惑になります。

でも、一度きりのニャン生。できるだけのことはしてあげたい。

という親心ならぬ主心で、猫のリードを買ってしまいました。

猫にリードをつけるなんて、変な人。

今までそう思っていました。

なのに、自分が猫にヒモをつけて歩くことになるなんて。

image

でも繋がれているからなのか、ほとんど動きませんでした。

マンションの部屋から見た様子

image

猫用のリードで、前足と胴を包む構造になっています。

これだと苦しくなさそうです。

しかし、脱走して外を走り回っているときは生き生きしているのに、

リードを付けた途端、テンションが下がるのはなんでなの。

大脱走

一昨日も脱走して、マンションの裏側へ入ってしまいました。

古いビルが多い区画なので、裏側は無法地帯です。

猫の名前を叫びながら、配管を避け、30cmくらいしか隙間のないビルとビルの谷間を進みます。

人間が通れない狭い隙間を通って、猫はどこかへ行ってしまいました。

とりあえず、この暗闇から出なければ。

身体を反転するのも難しい隙間なので、直進します。

スッポン!

と音が聞こえるような勢いで、大通りに出ると、仕事中のサラリーマンがたくさん歩いていました。

頭や服がススだらけで、なぜかうっすらと笑みを浮かべた私。

さぞかし奇異に映ったことでしょう。。。

その後、猫はすぐに見つかりました。

脱走対策を講じなくては。

インスタグラム

☆☆☆☆☆
和装ジュエリーがインスタグラムを始めました。
気に入っていただいたら是非フォローをお願いします。
https://www.instagram.com/wasojewelry
☆☆☆☆☆

ブログ村 着物
ブログランキング ヨイネ!
もしよければfacebookへのいいね!を押してください。
スポンサーリンク
big
big
ページへのいいね
このブログを気に入っていただけましたら下にあるシェアボタンを押して
facebook・twitter・はてなブックマークで応援をお願いします。
大変励みになります。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です