茶道は趣味・特技といえるのか

和装ジュエリー着物エージェント

毎週、友人と茶道のお教室に通っています。

今日もお稽古があったので行って参りました。

お茶を点てて、客人をもてなす。

そのお点前の種類が何千通りもあるとか。

茶碗などの茶道具はもちろんのこと、茶室に飾る掛け軸、花、すべてに意味があります。

美術品としての価値もあり、茶事として進行するその時間自体が総合芸術とされています。

着物同様、知れば知るほど、良いお道具が欲しくなります。

3976a49d26f4c69b9c0ea92480fd35c8_s

スポンサーリンク
big

必ず聞かれる趣味・特技

履歴書などに必ずある「趣味・特技」の欄。

自己申告なので、何を書いても構わないと思うのですが。。

どの程度熟練していたら趣味や特技と言えるのでしょうか。

読書や旅行、映画鑑賞。

自分が楽しいと思えば、趣味のはずです。

ただ、どんな本を読んでいるか?と聞かれたら話を広げる自信がありません。

旅行も、趣味というほど行っていない気がします。

趣味はなんですか?

そう聞かれて、着物を着ることです。と答えると

相手が全く着物に興味がなかった場合、会話の出口が見えなくなります。

ある程度の興味がないと、一方的に話を聞くのって苦痛ですよね。。。

茶道を習っていますが、堂々と趣味・特技と呼べるのは一体いつになるのでしょうか。

ずっと鍛錬し続けるお茶の道、どの程度極めたらいいのでしょう。

「お茶を、少々。」

なんて、素敵ですよね。

私はまだ、その域に達していない気がします。

茶道

仕事の面接で、英語はどの程度話せるかを聞かれたことがあります。

「あいさつ程度なら。」と答えました。

(ハロー、サンキューくらいなら言えます。)

この、あいさつ程度という日本語、英語を話せる人が謙遜する時に使う言葉なんですね。

英語を話せない私でしたが、外国人を案内する仕事を得ました。

(大半の顧客は日本人で、外国人には通訳がついていましたが)

幸い、仕事のパートナーが元国際線のCAさんだったので、かなり助けてもらいました。

このように、言葉の選び方ひとつで、自分の能力を過大評価されてしまうことがあります。

できるような素振りをみせて、ガッカリさせてしまったり、他の人に迷惑をかけてしまったり。

言葉は慎重に選びたいと思います。

インスタグラム

☆☆☆☆☆
和装ジュエリーがインスタグラムを始めました。
気に入っていただいたら是非フォローをお願いします。
https://www.instagram.com/wasojewelry
☆☆☆☆☆

ブログ村 着物
ブログランキング ヨイネ!
もしよければfacebookへのいいね!を押してください。
スポンサーリンク
big
big
ページへのいいね
このブログを気に入っていただけましたら下にあるシェアボタンを押して
facebook・twitter・はてなブックマークで応援をお願いします。
大変励みになります。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です