インターネットと着物 入口は広い方が良い

和装ジュエリー着物エージェント

先日のパーティーで、隣合った若い方。

とても素敵に着物を着こなしています。

「お着物、いつも着ているんですか?着慣れている感じですね。」

そう声をかけてもらえて、なんだか上機嫌の私です。

(一応、着物を生業としているので、「着慣れている」は嬉しい。)

「ありがとうございます^^。着付け教室で習ってから、忘れないように定期的に着てます。忘れちゃったら、学費がもったいないですし~。」

などと答えると、素敵な着こなしの彼女はひと言。

「私、着付けはYouTube(無料動画閲覧サイト)で覚えたんです。」

なるほど!!!

今の若い方は、着付けもインターネットで覚えるのか!

2パソコン

スポンサーリンク
big

着付け教室は必要か

うん十万円かけて教室へ通った私。

今後絶対に使わないであろう小物(花嫁衣装にしか使わない)を購入したり、

協会に会費を払ったり。

教室で出会った仲間との交流や、幅広い着物の知識を学べたことは、決して無駄ではありません。

だから、払ったお金に悔いはありません。

とても楽しい時間を持つことができました。

しかし、独学で学ぶという方法を考えたこともありませんでした。

自分でも気が付かないうちに、着物の着付けとは

茶道や華道と同じく、誰かに師事して習うものだと認識していたようです。

母も着付け教室へ通って、師範として活躍していたので、

その影響も大きいのでしょう。

インターネットの無料動画サイトで、独学で着付けを習得した彼女。

着物の学校風に言えば、彼女は「上手に」あるいは「正しく」着物を着ていました。

0c55c095be780b80a700423199185adf_s

インターネットで着物を買う

インターネットで何でも手に入る時代です。

着物も、例外ではありません。

お手軽なお値段で、家に居ながらにして着物を購入することができます。

当然、守りたい技術や伝統はあります。

大学で着物の染織を学ぶ機会がありました。

「絞り染」の体験をしたのですが、この気の遠くなるような手間を考えると、絞り染めの着物の価格は安すぎると感じたものです。

更紗の工房を見学したときも、

職人さんの手により出来上がっていく工程を目の当たりにすると、どんな値段でも欲しくなります。

本物を手に入れたい。

伝統技法による手仕事、手間ひままで、丸ごと装いたい。

それでも、一着何百万円もする着物は、慎ましく暮らす庶民(私のことです)にとっては手が届きにくいのも事実です。

pixta_9971786_S

入口は広い方がいい

住宅設備や生活様式、日本人の体型までもが50年前とは大きく変わっています。

着物を取り巻く環境も、変わって当然です。

守りたい技術や伝統はあります。

でも、着物の入り口は広い方が良いのです。

着物人口のすそ野を広げるために、インターネットは不可欠です。

一旦、着物の世界に足を踏み入れたら、より良いもの(ホンモノ)に心動かされるに決まっています。

どんと構えていれば、自然に着物に興味がわくこともあると思います。

きっかけはインターネットで全く構いません。

着物が次の世代にも愛されますように。

インスタグラム

☆☆☆☆☆
和装ジュエリーがインスタグラムを始めました。
気に入っていただいたら是非フォローをお願いします。
https://www.instagram.com/wasojewelry
☆☆☆☆☆

ブログ村 着物
ブログランキング ヨイネ!
もしよければfacebookへのいいね!を押してください。
スポンサーリンク
big
big
ページへのいいね
このブログを気に入っていただけましたら下にあるシェアボタンを押して
facebook・twitter・はてなブックマークで応援をお願いします。
大変励みになります。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です