木村孝先生トークショー1 @六本木ミッドタウン

和装ジュエリー着物エージェント

本日は、大ファンの木村孝先生によるトークショーに行って参りました。

image

木村先生は、日本を代表する染織研究家で、着物に関する本も多く出版されています。

私の本棚にも、気づけば木村先生の本がたくさん。

こちらのイベント、懸賞で当選したのです。

招待状が送られて来たとき嬉しくて、興奮しながら、玄関で封筒を開けて、中身を確認しました。

「当日の持ち物は。。この招待状と。。封筒!?」

image

封筒、ビリビリにしてしまいました。

早く中身を見たかったんです。。

不自然に縦半分になった元封筒と招待状を持って、いざ、ミッドタウンへ。

ちなみにドレスコードは着物です。

スポンサーリンク
big

イベント会場

実はこのイベント、サントリー美術館と高島屋と婦人画報とのコラボレーションで実現したものでした。

会場には高島屋さんの新作が並んでいます。

image

キモノネクストというラインで、どれもため息が漏れるほどモダンで素敵でした。

https://www.takashimaya.co.jp/store/special/gofuku/kimononext.html

開催中の『逆境の絵師 久隅守景』親しきものへのまなざし

サントリー美術館の学芸員さんによる展示物の解説を聴いた後、1時間ほどゆっくり鑑賞することができます。

展示会場は貸し切りです。

image

展示前にて

鑑賞後は、和菓子とシャンパンのサービスがありました。

image

image

image

お腹が空いていたので、ガッツリごはん系!の和菓子を選んでしまいましたが、

イチゴを使った可愛らしいものもたくさんありました。

image

木村先生と

image

木村先生の着物への愛溢れるお話に、感動してしまいました。

長くなりそうなので、お話しの内容はパート2にまとめます。(まとまるかな?)

今回は、写真のポーズについて。

2ショットの写真を撮っていただいたのですが、先生のチャーミングなこと。

先生は1920年生まれ、御年95歳です。

「今60歳の人も、あと35年あるのよ。」とおっしゃっていました。

その先生と比べて、隣に写っている私の野暮ったいこと。

~私の失敗から学ぶ写真のポーズ~

・着物のときは大げさなくらい内股に。

・手は、先生のようにきちんと揃えて。

・体も一方に傾けるとスッキリ。

image

私の手、商人の手ですね。気を付けます。

インスタグラム

☆☆☆☆☆
和装ジュエリーがインスタグラムを始めました。
気に入っていただいたら是非フォローをお願いします。
https://www.instagram.com/wasojewelry
☆☆☆☆☆

ブログ村 着物
ブログランキング ヨイネ!
もしよければfacebookへのいいね!を押してください。
スポンサーリンク
big
big
ページへのいいね
このブログを気に入っていただけましたら下にあるシェアボタンを押して
facebook・twitter・はてなブックマークで応援をお願いします。
大変励みになります。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です