着物と家紋 格上げのアイテム

和装ジュエリー着物エージェント

皆様は、ご自分の家の家紋ってご存知ですか?

お葬式のときくらいしか目にすることがないので、よくわからないという方もいらっしゃると思います。

今日は家紋のお話です。

スポンサーリンク
big

家紋とは

そもそも家紋とは、自らの家系や地位を表すための紋章のことです。

このようなマーク、見たことがありますよね。

cropped-image.jpeg

(丸に麻の葉)

この家紋は、きものエージェントのロゴマークとして使用しています。

菊紋である「十六八重菊」。皇室の紋として広く認識されています。

靖国神社 菊紋

(靖国神社門)

「十六一重菊」は、日本国旅券=パスポートの表紙になっているので、パスポートをお持ちでしたらお馴染みの紋です。

海外に行ったときに日本人の証になるパスポート。

外国では必ず持ち歩くことになります。

パスポート

小銭入れに入っていると嬉しい500円玉。この硬貨には、「五三桐」が使われています。

日本国政府が発行する貨幣は、菊ではなく桐が使用されています。

500円硬貨

現在でも身近なところに家紋が使われていますね。

飲食店の暖簾でもよく見かけます。

着物の紋

礼装と呼ばれる格の高い着物には、その家の家紋を入れます。

背中中心に1つ、両胸に2つ、後ろ袖に2つ。計5ヶ所に紋を入れることができます。

五つ紋>三つ紋>一つ紋

紋の数によって格の高さが変わります。

結婚式などで着用する黒留袖(女性の最高礼装)では五つ紋ですが、

あまり着物の格を高くしてしまうと、着用場所が限られてしまいます。

色無地の背中に一つ紋を入れておけば、略礼装としても使えますし大げさになりません。

ちなみに、お相手の装う着物より格を高くしてしまうと、マナー違反になってしまう場合があります。

場所やご自分の立場によって、紋の数を考慮する必要があります。

df3ac8226035f0380309812355a2731c_s

 どんな家紋でもいい

結婚してから着物を誂えるとしたら、どの家紋を入れるべきでしょうか。

1、嫁ぎ先の紋を入れる

2、実家の紋を入れる

3、実母の紋(女紋)を入れる

正解は、どれでもいいです。

その家や地域によって考え方が違います。あなたにこだわりがなければ、嫁ぎ先のお姑さんに確認すれば、今後角が立たないでしょう。

オリジナルでも問題ありません。

ただし、着物の格を上げるためのアイテムなので、格を下げてしまうような奇抜なモチーフは逆効果になってしまいます。

せっかく家紋を入れたのに本末転倒ですので、なんでもいいとは言うものの、それだけは注意してください。

時代の変化で、家紋のとらえ方も変わりつつあります。

自分のルーツを背負うのもよし。

好みや個性を表現するものよし。

家紋をつけることで、着ていく先の幅を広げることができます。

もし家紋をつけるとしたら。

まずはご自分の家の家紋を調べてみてください。

インスタグラム

☆☆☆☆☆
和装ジュエリーがインスタグラムを始めました。
気に入っていただいたら是非フォローをお願いします。
https://www.instagram.com/wasojewelry
☆☆☆☆☆

ブログ村 着物
ブログランキング ヨイネ!
もしよければfacebookへのいいね!を押してください。
スポンサーリンク
big
big
ページへのいいね
このブログを気に入っていただけましたら下にあるシェアボタンを押して
facebook・twitter・はてなブックマークで応援をお願いします。
大変励みになります。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です