浅草紹介 @浅草寺 白鷺の舞

和装ジュエリー着物エージェント

本日は文化の日。

浅草寺にて、白鷺の舞(しらさぎのまい)が奉納されました。

私の会社は浅草にあるので、地元・浅草も少しづつご紹介しようと思います。

まずはお馴染みの雷門から。

image-03-11-15-12-45-6

現在の雷門は、1960年に、松下電器産業(現パナソニック)創設者である松下幸之助さんが自費で寄進したものです。

大きな提灯には、松下電器の文字が書かれています。

仲見世の様子。

image-03-11-15-12-45-4

国民の休日は、ズラリと日本国旗が掲げられます。

並んだ日の丸は圧巻ですね。

晴れていたので、青空と、紅葉の飾りと日の丸がとってもマッチしています。

ただ、すごい人の数。

ヒトヒトヒト!

私の感覚だと、半数が外国人観光客です。

数ある国の中から、日本を選んで来てくれた外国人の皆様。

ようこそ日本へ。浅草へ。

スポンサーリンク
big

白鷺の舞(しらさぎのまい)

今日のメインのイベントです。

まずは、白鷺の舞の概要を。

白鷺の舞(しらさぎのまい)
4月第2日曜日・5月三社祭・11月3日 奉演
 昭和43年(1968)の「東京百年祭」を記念して創始奉納されたのが「白鷺の舞」です。京都八坂神社の祇園祭の「鷺舞(さぎまい)」を参考にして、『浅草寺縁起』の遷座(せんざ)式に登場する「白鷺の舞」を再興したものです。
  「白鷺」8名、「武者」3名、「棒ふり」1名、「大傘」1名、「楽人」19名、浅草寺幼稚園園児による「守護童子」などにより構成される美しい舞です。

(浅草寺ホームページより引用)

http://www.senso-ji.jp/annual_event/jimai.html

昭和43年から始まったんですね。

意外と最近なんだ~と思いきや、祇園祭の「鷺舞(さぎまい)」を参考にしているので、歴史を感じる衣装です。

実は、肝心の、舞を見逃してしまいました。

このような様子を見学するはずでした。。。

image

こちらの写真も浅草寺ホームページより。

今回は、浅草寺境内を練り歩く様子をご覧ください。

本堂の前で待っていると、祭囃子とともに現れました。

まずは、浅草寺幼稚園園児による「守護童子」たち。

image-03-11-15-12-45-2

ちびっこ達がかわいくて、思わず笑みがこぼれます。

周りを見渡すと、やはりカメラを片手にニコニコしている多国籍な人々。

子供たちは目尻などにお祭りの化粧を施していたのですが、

子供の顔を載せる訳にはいかないので、お辞儀の写真です。

後ろに一列に並んでいるのが、白鷺さんたちです。

本堂にご挨拶しています。

image-03-11-15-12-45-3

白鷺さん。

image-03-11-15-12-45-5

ペコリ。

image-03-11-15-12-45

想像していたより、白鷺が再現されていると思いませんか?

若い女の子?10代~20代の女性が白鷺に扮しています。

みな顔に白塗りしているのですが、衣装も、頭にかぶった白鷺の首も、白いカツラも、

何もかもカワイイ。

音楽隊を乗せた山車

image-03-11-15-12-45-1

心躍るお祭りです。

年に3回開催していますので、ぜひお越しください。

私も今回見逃してしまったので、リベンジします。

―――――

リベンジしました!

白鷺の舞2016 @浅草寺→http://kimono-agent.site/2016/11/03/post-1557/

インスタグラム

☆☆☆☆☆
和装ジュエリーがインスタグラムを始めました。
気に入っていただいたら是非フォローをお願いします。
https://www.instagram.com/wasojewelry
☆☆☆☆☆

ブログ村 着物
ブログランキング ヨイネ!
もしよければfacebookへのいいね!を押してください。
スポンサーリンク
big
big
ページへのいいね
このブログを気に入っていただけましたら下にあるシェアボタンを押して
facebook・twitter・はてなブックマークで応援をお願いします。
大変励みになります。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です